アットマークエレ:プリント基板制作に関する技術アイデアまとめ

Logo edc59a59ec3242213bcfbc35b96a28341294daa03aeacc13ba84afd442c1b2ba

基本構造(テープ回路)

%e8%a8%98%e4%ba%8b%e3%82%b5%e3%83%a0%e3%83%8d%e3%82%a4%e3%83%ab01 %e3%83%95%e3%83%ac%e3%82%ad %e5%9f%ba%e6%9c%ac%e6%a7%8b%e9%80%a0%ef%bc%88%e3%83%86%e3%83%bc%e3%83%97%e5%9b%9e%e8%b7%af%ef%bc%89

フレキシブル基板の特性を利用し、出来るだけ長い回路を作るこもできます。それを実現した回路をテープ回路とよびます。

フレキシブル基板は長くできる

 フレキシブル基板の材料はロール状に巻かれて供給され、標準的な長さは50メートルか100メートル、幅は500mmか600mm、もしくはその整数分の1 です。適当な製造設備があれば、極めて長い回路を作ることができます。それを実現したのがテープ回路です。

テープ回路の例1 テープ回路の例2 図. テープ回路の例

小さな回路をリールで製造する

 小さな回路をたくさん繋げば長くなります。そこでリールに巻かれた狭い幅のテープ状の材料を連続的に加工し、リールのままで出荷します。ユーザーはアッセンブルなどのプロセスをリールのままで行います。プロセスがリールで始まり、リールで完了するような行程をリール・ツー・リールプロセスと呼んでいます。

 リール・ツー・リールプロセスはリールを装填して装置をスタートさせれば、あとは手がかかりませんので、人件費を低く抑えることができます。

微細回路が得意

 テープ回路ではプロセス条件を細かく制御することができるので、極めて微細な回路を作ることができます。すでに回路幅が15μm未満、回路ピッチが30μm未満というような超微細回路を大量生産するようになっています。製造コストも低く抑えられるので、液晶パネルのドライバーサブストレート、半導体パッケージのサブストレート、インクジェットプリンターの使い捨てカートリッジなどに、大量に使われています。

製造設備は高価

 リール・ツー・リールプロセスは自動化されているので、製造設備は相対的に大掛かりになり、設備投資も大きくなります。したがって、テープ回路を製造できるメーカーは限られています。

< 前の記事 記事一覧 次の記事 >